レンズ沼の暗黒面に落ちていきそう

フィルム時代、EOS RTから始まってEOS5を2台買ったりと結構カメラにはまってた。

当時はカメラ機材のほとんどをボスが買ってくれてたんで、自分でお金を払うのはフィルム代と現像代程度だった。

その後デジカメが登場して一眼レフを使わなくなって10年と少々…

ここ数年はiPhoneがカメラ代わりってくらい写真も撮らなくなってたんだけど、EOS70Dが出たのを期に久しぶりに一眼レフをゲット。

今はもうボスがいないんで機材は全部自分で買わなきゃいけないから、そんなに高いものばかりも買ってられない。

特にお金がかかるのはレンズ。

ズームレンズが苦手なボクは、とりあえず安い単焦点レンズをゲット。

61iL9sYiBKL._SL1024_

アマゾンで1万円以下で買えちゃうんだよね〜

キヤノン製では信じられないやすさ!

巷じゃ神レンズって呼ばれてるらしい(笑)

APS-CのEOS70Dに付けると、1.6倍換算になるんで80mmって焦点距離になる。

はじめは使いにくいんじゃないかと思ってたんだけど、こいつがもの凄くちょうどいい感じ。

おまけにf値が1.8と明るいんで、多少暗い室内でもかなりいけちゃう♫

ただこいつの欠点はAFがうるさい&遅いのと、最短撮影距離45cmってことで寄れないこと。

これらの欠点を補って、尚且つ更にコンパクトなレンズってことで、次に選んだのがパンケーキレンズのEF40mm F2.8 STM。71rk2jXrMCL._SL1356_

50mmと比較して明るさでは劣るけど、この小ささと静かさはもの凄くいい♫

IMG_2875

IMG_2874

EOS70Dに装着するとこんな感じ。

上はフード無しで、下がフード付き。

フードを付けると数ミリ飛び出しちゃうんだけど、それにしたところで50mmよりはるかにコンパクト。

そしてほぼよくボケるし、最短撮影距離も30cmと寄れるようになったんで、撮影の幅が広がった。

IMG_2714

ただ慣れてくるともう少しワイドなレンズがほしい。

そこで去年の11月にでたのが同じパンケーキの24mm

EF-S 24mm F2.8 STM

71iH9aIP2WL._SL1500_

こいつは更に寄れるようになって、レンズ面から9cmまでいけちゃう!

ただ、ふと我に返ると…パンケーキ2本も必要か???

そもそも欲しかったのはもっと広角レンズだったわけで、24mm(約38mm)じゃない。

もしこれを買うなら40mmは多分要らなくなる(笑)

そこで見つけたのがEF-S 10-18mm F4.5-5.6 IS STM

81koknFNqLL._SL1500_

手ぶれ補正もついてAPS-C換算で16-28.8mm。

暗いって事を除けば一番理想に近いレンズ。

値段的には24mmパンケーキの約倍。

そしてパンケーキのコンパクトさに慣れた今のボクには大きすぎるボディ(笑)

以前のボクなら「面倒だから両方買っちゃえ!」ってなってたと思うけど、さすがに歳を重ねて多少は成長した(と思うw)んで、吟味するってことを覚えちゃった。

さぁ〜どっちにしようかな???(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中