El Capitanの日本語入力

僕的にはかなりの衝撃映像

今までの日本語入力に大変革が訪れる予感がする。

この動画の何が凄いのかというと、変換作業を行っていないこと。

普通日本語入力する時は「かな」入力しながらある程度のタイミングでスペースキーを打つことによって「かな漢字変換」っていう作業を行う。
これにより「かな」が「漢字」に変わる分けだけど、El Capitanの新しい日本語入力は「かな」を入力するそばからどんどん漢字に変換していってくれる。

つまり今まで必要だった「スペース」キーによる漢字への変換作業がいらなくなったわけ。

これは早く使ってみたいと思うんだけど、パブリックベータ版が使えるのが7月移行っていうことなんで、もうしばらくお預け状態。

でもこれに近い入力はYosemiteでもできるっ!

設定方法はいたって簡単。

「システム環境設定」→「キーボード」で「句読点で変換」にチェックを入れるだけ。
スクリーンショット 2015-06-17 20.37.52

この設定を行えば句読点を打つことで、スペースキーを叩かなくてもそこまでの文章を漢字変換してくれる。

El Capitanの日本語入力との一番大きな違いは、打ったそばからリアルタイムでインラインで変換してくれるかどうか。

もちろんこの差が大きいんだけど、「句読点で変換」に設定するだけでかなり近い感覚で日本語を入力することができる。

実際にこの設定で打ってみた感想は、スペースキーを打たずに入力し続けることの難しさ(笑)

ある程度の感覚でスペースキーを叩くことが体に染み付いてて、ついついスペースキーを叩いてしまう。
スペースキーを打つ必要がなくなることが利点のはずなのに、その利点を全く生かすことが出来ない不器用な自分。

とにかくEl Capitanが出るまでにスペースキーを使わない日本語入力を体に染み込ませなきゃね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中