ドローンについて思うことをダラダラと…

今朝会社で「防衛省のドローンが行方不明になった」ってニュースの話から、ドローンの現状的な話になった。

僕の意見としては「どこでもドローンの飛行を禁止するなんてナンセンスで馬鹿げてる」。

そう話をしてると隣の女性から猛烈に批判された。
「どうせ勝手に映像撮ってるんでしょ?」
とか、
「私は撮られたくない」
とか、
「法的に規制がないんだから全面禁止は当然だ」
というものだった。

しかも「カメラがついてる=録画してる」っていう思い込みが大前提。

この理論でいくとカメラをぶら下げて歩いてる人や、スマホで写真撮りまくってる人なんかも規制対象にすべきだと言ったら「馬鹿げてる、議論にもならない」って完全拒否された。

GoPro的なビデオカメラを自転車につけて録画しながら走り回るのはOK、
車にドライブレコーダーをつけて録画しながら走るのはOK、
カメラ片手に散歩しながら町の写真を撮るのはOK、
でも飛んでるドローンで「撮影されてるかもしれない」のは断固反対。

この違いが僕には全く絵理解できない。

なんで「ドローンを飛ばす=盗撮」的な思考なんだろう?

そりゃネタでそんな話で盛り上がることはあるけど実際にはうるさくてそんなことできないし、音が気にならないレベルまで離れると対象物なんてほとんど見えないのに…

結局こういう人たちは実際に飛んでるところを見たこともなければ、自分たちには全く無関係な邪魔な存在なんだから拒否しちゃえ、TVでもそう言ってるっていう単純明快な思考なんだろう。

イマジネーションが無いというか、ポジティブじゃ無いというか、とにかく発想が貧素。

僕は個人的にはAR Drone2.0を所有してる。
AR Drone2.0が出てすぐ買って、予備バッテリ、補修パーツまで用意して結構練習したんだけど、あまりのセンスのなさに挫折した経験がある。

ドローンって思い通りに操縦するのは簡単じゃないし(むしろかなり難しいと思う)、安全に飛ばす技術を身につけるためにも練習は必須。

やったことがない人からすれば誰でも簡単に飛ばせて、盗撮的な陳腐な発想のおもちゃなんだろうけど、日々の技術的進歩のスピードとかものすごく奥の深い「おもちゃ」だと思う。

この技術の進歩に日本が遅れないためにも、今のような世論は百害あって一利なし。

ドローンに限らずもっと多くの人がいろんな物事に対して「自分には関係ない」や「興味がないからどうでもいい」じゃなくて、イマジネーション豊かに物事を見ることができるような世の中になればいいのになぁ〜と思います。

AKG Y50 久しぶりにヘッドフォンを購入

今から20数年前、初めて買ったまともなヘッドフォンがAKG K240だった。
ものすごく気に入ってた。

その後にゼンハイザーとかも使ったけど、個人的にはやっぱりAKGが好きだった。

ヘッドフォンを使わない生活になったこともあってここ10年くらいは買う機会がなかったんだけど、今回Podcastを始めようと思った時に編集時にちゃんとつかえるものが欲しくて購入を決意(笑)

形から入る僕的にはPodcast収録用にLINE6 SONIC PORT VXを買ったばかりということもあって、予算的にK240は厳しかったんでルックス重視でY50をゲット。
IMG_3666

このルックス、発表された時からめちゃツボです。

内側はこんな感じ。
IMG_3667

バンド部分は細身で、装着してても邪魔にならない。
IMG_3668

何よりデカデカと入ったAKGのロゴが斬新でかっこいい!
IMG_3669

音出し初回の感想は…
AKGなのにこのルックス、見た目通り思ってたAKG(K240)の音とは違う…
モデルも時代も違うんだから当然なんだけど、AKGってもっとフラットでハイが綺麗なイメージ(これはマイクの414や451のイメージが大きいのかも)があったのに、Y50はロー(特にキック)に締りがない気がする。

基本的には嫌いな音じゃない。
まだ買ったばかりだし、しばらくエージングしてどの程度変わるか楽しみでもある。

編集用に買ったのに、結局音楽三昧になりそう(笑)

El Capitanのライブ入力テスト

この文章はEl Capitanのライブ変換を使って書いています。

漢字変換のためにスペースキーは一切使っていません。

誤変換もそのままで書いてますので、ライブ入力の変換精度がよくわかるんじゃないかと思います。

ライブ入力と比較すると擦ればヨセミテまであった句読点変換になるけど、使ってみると全く別物だってわかる。

句読点変換は句読点で変換するから、入力しててもどのタイミングで句読点を打つのか結構意識しちゃってスムーズに入力できなかったんだけど、ライブ入力は変換が確定されるポイントさえ意識することなく入力できる。

それでいてかなりの正解率。

この正解率は想像以上の出来。

まさに日本語入力の革命なんじゃないかって思う(大げさ?w)

El Capitanは別パーティションに新規でインストールしてるし、入れたばかりでユーザー辞書には何も登録されてない状態。

ユーザー辞書に単語登録した時にその国をどう解釈してくれるのかも興味深い。

この点は後で単語登録して試してみようと思う。

ここまで打ってみて感じる不満点。

ライブ入力だけの問題じゃないけど、英単語混じりの文を書こうと思うとやっぱり面倒。

単語登録するのはきりがないし、途中で入力言語を英語に切り替えるのも面倒だし、どうやったらスムーズに英単語混じりの文章が打てるのかな?

何て思いつつここまで一気に書いてみたけど、意外と誤変換が少ないいんじゃないかな

これってもしかして使い始めにこまめに誤変換を修正しながら入力してれば、その習性を学習してくれるのかな?

とりあえず想像以上のライブ入力の出来に大満足で、パブリックベータを入れてみてよかったともう今日この頃でした。

新しいおもちゃがやってきた!

今年の春からロックバーでライブがあるときだけPAをやってる。
今まではRoland M-200iっていうデジタルコンソールを使ってたんだけど、今回YAMAHA TF3っていう6月に出たばかりの新しいコンソールに入れ替えることになった。

いつ入れ替えるのか具体的な日にちは何も聞いてなかったんだけど、突然マスターから電話がかかってきて「卓届いちゃった…」ってことで、早速触りに行ってきた。

これが今まで使ってきたRoland M-200i。
IMG_3623
手伝い始めて日も浅いし、実際に自分でオペレートしたのはせいぜい5〜6回程度かな?
この卓はiPadで操作することが前提で、卓本体はフェーダー以外触らなかった。

こっちが今回新しく導入したYAMAHA TF3
IMG_3628

速攻でRoland M-200iと入れ替えたいところだけど、M-200iで来週末のライブのリハやってセッティング作っちゃってるし、もうリハできないから、そのライブが終わったら入れ替えかな?

とりあえず今回はiPhoneつないで音を出して、エフェクターのセンド方法の確認や内臓エフェクターの音チェックで終了。
ほんの1時間程度触った感想は、M-200iに比べて操作系がわかりやすいってことと、エフェクターの使い方が簡単で音も素直ってところかな?
M-200iがiPadでの操作が前提だったのに対して、当たり前のことだけど卓本体だけで操作が完結するところがいい。
iPadで操作するのは嫌いじゃないんだけど、卓を操作してる感が全くなくて寂しかった(笑)

TF3が唯一M-200iに劣ってる点があるとすれば、チャンネルのアサインができないことかな?
簡単なパッチベイ作ってくれるってことらしいんで、そこはアナログ的に対処することでよしとしよう(笑)

MUSICってどうなの?

昨日から始まったストリーミング音楽サービスの本命Apple Music。
iPhone/iPadはiOS8.4、MacはMac OS X 10.10.4にそれぞれアップデートすることで利用できるようになる。
最初の3ヶ月間は無料のお試し期間ってことで早速利用してみた。
IMG_0012

手持ちの楽曲データがiCloudにアップされるみたいなんだけど、僕の場合既にiTunes Matchを利用してて全てiCloudに上がってることもあって、登録後すぐに使えるようになった。
もしかするとiTunes Matchを契約してなくてもすぐに使えるのかもしれないけど、そこは不明。

まずは好きな音楽ジャンルの選択から始まる。
IMG_0013

以外と大雑把なジャンルわけ。
僕の一番よく聴くHR/HM項目はないのでとりあえずロックを選択。

次に好きなアーティストを選択するんだけど、出てくるアーティストが少なすぎて全くダメダメ。
正直なところ選びようがないので、適当に選択。

IMG_0015

以上で設定完了。

MUSICを起動するとこんな感じ。
IMG_0014

「For You」っていうタブには「ロック名曲:1989」とか「〜が影響を受けたサウンド」なんていうプレイリストが複数作られてるし、アーティストごとに「隠れた名曲〜」とか「はじめての〜」っていうプレイリストも作られてる。

最初は単純にiCloudのデータでプレイリストが勝手に作られたのかってもうほど手持ちのデータとの差がわからなかったけど、プレイリストを聴いてみると確かに持ってない曲もある。

プレイリストのタイトルのつけ方は置いといて、BGM的に流しっぱなしにするにはちょうどいい。
思ってたより使う機会はありそうだけど、ストリーミングゆえにiPhoneで通勤時に聴くにはデータ通信量制限が怖くて使えない。
ダウンロードしておいて聴くこともできるんだけど、いちいち面倒でこれは現実的じゃない気がする。
結局このサービスは家やカフェのWi-Fi環境があるところでしか使えないと思う。

基本的にアルバム単位で音楽を聴く僕的には、あんまり恩恵がないのかな?
お試し期間の3ヶ月間使ってみて考えることにします(笑)