El Capitanのライブ入力テスト

この文章はEl Capitanのライブ変換を使って書いています。

漢字変換のためにスペースキーは一切使っていません。

誤変換もそのままで書いてますので、ライブ入力の変換精度がよくわかるんじゃないかと思います。

ライブ入力と比較すると擦ればヨセミテまであった句読点変換になるけど、使ってみると全く別物だってわかる。

句読点変換は句読点で変換するから、入力しててもどのタイミングで句読点を打つのか結構意識しちゃってスムーズに入力できなかったんだけど、ライブ入力は変換が確定されるポイントさえ意識することなく入力できる。

それでいてかなりの正解率。

この正解率は想像以上の出来。

まさに日本語入力の革命なんじゃないかって思う(大げさ?w)

El Capitanは別パーティションに新規でインストールしてるし、入れたばかりでユーザー辞書には何も登録されてない状態。

ユーザー辞書に単語登録した時にその国をどう解釈してくれるのかも興味深い。

この点は後で単語登録して試してみようと思う。

ここまで打ってみて感じる不満点。

ライブ入力だけの問題じゃないけど、英単語混じりの文を書こうと思うとやっぱり面倒。

単語登録するのはきりがないし、途中で入力言語を英語に切り替えるのも面倒だし、どうやったらスムーズに英単語混じりの文章が打てるのかな?

何て思いつつここまで一気に書いてみたけど、意外と誤変換が少ないいんじゃないかな

これってもしかして使い始めにこまめに誤変換を修正しながら入力してれば、その習性を学習してくれるのかな?

とりあえず想像以上のライブ入力の出来に大満足で、パブリックベータを入れてみてよかったともう今日この頃でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中