EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMで遊んでみた

本当は外に写真を撮りに出かけたいんだけど、連日のこの暑さにボク自身が熱ダレ気味なので、屋内で遊んでる。

今夜は広角レンズです。

ボクが持ってる中で一番の広角レンズがEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM。

35mm換算で16-28.8mm。

明るいレンズじゃないけど手振れ補正も付いてるし、日中外で使う分には何も問題なし。

広角レンズは部屋の中で使うには広角すぎて余計なものばかり映り込むからギリギリまで寄って撮るしかないと思うんだけど、このレンズはものすごく寄れるからその点便利。

カタログスペック的な最短撮影距離は22cm。

ピントが合たときのピピッって鳴るギリギリまで寄ってこの距離。

IMG_3707

実際に撮れた写真はこんな感じ。

001-2

さすが10mm、あんなに寄ってるのに写ってる範囲はものすごく広い!

ISO100、10mm、f10、0.6秒で撮ってるんだけど、照明も何も考えずにただ写しただけなんでものすごくつまらないものになっちゃってる。

そこでAdobe Lightroomでちょこっといじってみた。

その結果はこんな感じに変身(笑)

IMG_4842

Lightroom使い始めた頃は現像でいじるのはなんとなく気が進まなかった。

っていうか自分の下手さを後処理でごまかしてるるような気がして…

例えると、ギターが下手でいい音が出せないからエフェクターたくさんつけて音を作っていくイメージかな?

でも最近は割り切って変化を楽しめるようになった(笑)

ということで、今度こそ外に撮りに行こうと思う今夜のボクでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中