Safariのタブに関する便利な機能発見

Safariでタブをたくさん開いてると左側からだんだん隠れて行く。
タブを小さくできたらいいのになぁ〜って前から思っていたんだけど、今日偶然その方法を発見した。
(もしかするとこの機能はEl Capitanからの機能なのかもしれないが…)

タブの右側をタブ内で左に向けてドラッグしていくとアイコンだけの小さなタブになる。

これでたくさんタブを開いてても見やすくできる。
スクリーンショット 2015-09-26 21.20.11

ただこの機能、左側のタブから順にやっていかないとできない。
真ん中や右側にあるタブを小さくしようとしても単純にタブの移動になってしまう。

そして偶然にもこの機能を使うことによってもう1つ大きなメリットを発見。

僕の場合いつも固定で開いておくサイトが幾つかある。
例えばFacebook、TweetDeckなどなど。

Facebookのタイムライン見てて面白そうな記事があってリンクを開く場合、Facebookの隣に新しくタブができる。
つまりTweetDeckのタブの間に新しいタブが開く。

これがいつも気に入らなかった。

ところがこのタブ小型化機能を使うと、小型化したタブ群の右隣りに新しいタブが開くようになる。

これでいつも開いてるタブとそうでないものとの仕分けが簡単になる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中