Podcast編集ように新兵器をゲットしたけど…

普段はMagic Trackpadを使ってる。
特に不満はないんだけど、唯一ドラッグする時の操作が気に入らない。
Magic Trackpadは手前左右端の足がボタンになってるからそこを押しつつの操作になる。

例えばAdobe Auditionで範囲選択して編集するときなんかだと、右手の親指で押し込んで他の指で操作するか、左手で押し込んでおいて右手の指で操作するかどちらかになると思う。

特にこの操作に問題があるわけじゃないけど、片手で済めばその方が楽。

というわけでペンタブレットってものを購入してみた。

ペンタブレットといえばワコム、というわけで入門機的な一番シンプルなモデルIntuos Draw CTL-490/B0をチョイス。
本体色は白とミントブルーの2色があったんだけど、白は汚れが目立つと思ったのでミントブルーを選択。
IMG_3849

CTL-490はSサイズのみ。
キーボート、トラックパッドと並べるとこんな感じのサイズ感。
IMG_3850

Sサイズでも以外と大きい。

ペンはものすごくプラスチッキーで軽い。
ボタンが2つついててここでもクリック操作ができる。
IMG_3851

このペンはタブレットに触れてなくても近づけるだけでも操作できる。
その場合の操作はマウスの代わりになるんだけど、これが厄介。

トラックパッドに慣れてると、盤面のどこを触ろうが今現在カーソルがいるところから動き始める。
つまり、カーソルが右上にあった場合トラックパッドの左下を触ってもカーソルの位置は変わらずその位置からの操作ができるのに対して、ペンタブはタブレットの位置と画面の位置が同期してるからカーソルが右上にあってペンをタブレットの右下に持っていくとカーソルも画面の右下に飛んでいく。

慣れの問題かもしれないけど、これは普段マウスを使ってるなら問題ないかもしれないけど、トラックパッドとの併用は結構厳しいものがある気がする。

この辺り設定でどうにかできないかと思ったけど、まだ見つけられていない。

スクリーンショット 2015-10-04 22.26.55

本体上側左右には4つのボタンがあって操作を割り当てられるらしいけどここはおいおい考えるとして、全体としてはまだ使い始めたばかりだから次回の収録後じっくり触ってみようと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中