カテゴリー別アーカイブ: Camera

Instagramで褒められたんで調子に乗ってみた

Lightroomを使い始めて約半年、趣味でたまに写真を撮る僕的には毎日使うものでなく、ようやく自分なりの使い方が見えてきた感が出てきた。

そんなわけで最近は以前に撮った写真をLightroomでいろいろいじって遊んでる。

自分でもうまくできたなぁ〜ってものはInstagramにあげてるんだけど、そんな中でものすごいお褒めのコメントをいただいたものがあったんで、調子に乗ってここで現像方法なんかを公開したいと思います(笑)

いただいたお褒めのコメントはこちら(笑)

スクリーンショット 2015-08-09 19.35.53

こんなこと言われたら調子に乗っちゃうよね〜🎵

まずはお褒めのコメントをいただいた写真。

このギターはEarthshakerのギタリスト、シャラさんが実際に使ってたHamer。

実物もものすごくきれいな虎目で本当にきれいなギター。

IMG_1341

そして元の写真。

IMG_1341-2

撮った当時はこれでもお気に入りの1枚だったんだけど、現像後の上の写真と比較すると色合いが地味っていうかちょっとくすんだ感じに見える。

ちなみにこの写真はEOD70D + EF50mm F1.8 Ⅱの組み合わせで、1/60秒 F5.0、ISO320で撮影。

この写真をLightroomを使って、以下の各種パラーメー設定で現像してみた。

スクリーンショット 2015-08-09 19.36.50

結果としては全体的なくすんだ感がなくなって、明暗差がくっきり、アーチドトップの質感アップ、そして虎目がバッチリ、全く別の写真に仕上がりました。

いくらLightroomの使い方がうまくなっても元の写真が良くないとダメなんで、これからはもっと写真の勉強をしようと思う今日この頃でした。

EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMで遊んでみた

本当は外に写真を撮りに出かけたいんだけど、連日のこの暑さにボク自身が熱ダレ気味なので、屋内で遊んでる。

今夜は広角レンズです。

ボクが持ってる中で一番の広角レンズがEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM。

35mm換算で16-28.8mm。

明るいレンズじゃないけど手振れ補正も付いてるし、日中外で使う分には何も問題なし。

広角レンズは部屋の中で使うには広角すぎて余計なものばかり映り込むからギリギリまで寄って撮るしかないと思うんだけど、このレンズはものすごく寄れるからその点便利。

カタログスペック的な最短撮影距離は22cm。

ピントが合たときのピピッって鳴るギリギリまで寄ってこの距離。

IMG_3707

実際に撮れた写真はこんな感じ。

001-2

さすが10mm、あんなに寄ってるのに写ってる範囲はものすごく広い!

ISO100、10mm、f10、0.6秒で撮ってるんだけど、照明も何も考えずにただ写しただけなんでものすごくつまらないものになっちゃってる。

そこでAdobe Lightroomでちょこっといじってみた。

その結果はこんな感じに変身(笑)

IMG_4842

Lightroom使い始めた頃は現像でいじるのはなんとなく気が進まなかった。

っていうか自分の下手さを後処理でごまかしてるるような気がして…

例えると、ギターが下手でいい音が出せないからエフェクターたくさんつけて音を作っていくイメージかな?

でも最近は割り切って変化を楽しめるようになった(笑)

ということで、今度こそ外に撮りに行こうと思う今夜のボクでした。

EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

EF-S24mm F2.8 STMを買おうと思ってた矢先に見つけた超広角レンズがEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM

81koknFNqLL._SL1500_

EOS70Dに付けるとこんな感じ

IMG_2924

一眼レフを初めて手にした20年ほど前、ボクの先生がいつも入ってた言葉が「広角を使え!」だったことを思い出して、思い切ってEF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STMを買ってみた

35mm換算で16-28.8mm

はじめにファインダーを覗いた瞬間は「あれ?こんなもん???」って思ったんだけど、撮ってみると全く違う景色になる(笑)

IMG_3070

視界が広い分今までよりも撮りたいものを明確に意識しないとつまらない写真になるし、今まで以上に自分が動かないといけない

先生がよく言ってた言葉を思い出した
「望遠ズームは前に出ていけない奴が使うもんだ」
「広角を付けて自分の欲しい絵が撮れるところにどんどん動け」

このレンズのいいところは、最短撮影距離が22cmとかなり寄れるところ

実際は筒の長さがあるからフードから数cmまで寄っても大丈夫

おかげで超広角っぽくない写真も撮れる

IMG_3088

車内なんかもドア開けただけで余裕で写っちゃう

IMG_3109

これからは自分から動き回るアクティブな写真を撮れるようになろうと思う(笑)

オールドレンズ

IMG_3140

以前からオールドレンズを貸してあげるから試してみたら?って言われてたんだけど、キヤノンのEF40mm f2.8 STM を買って間もないっていうのと、オールドレンズに全く興味がなかった事もあって、適当に濁してた(ごめんなさいw)

どっちかって言うとEOS70D + EF40mm f2.8 STMだと普段使いにはちょっと狭さを感じてたんで、EF-S24mm F2.8 STMに興味があったから、更にオールドレンズは眼中になかった

そんな中、別件もあってレンズを貸してくれるっていう友だちに会った時に SMC Takumar 50mm f1.4 を手渡され、使い方をレクチャーされた時に撮った写真を見てびっくり!

今までの写真と全く違う!

IMG_3132

何だこの背景の光の玉は!

しかもiPhoneやクルマのダッシュボードの質感も今までのレンズとは全く違う…

IMG_3143

IMG_3158

IMG_3169

何枚か撮ってみたけど、やっぱり違う
わざとピンをずらしてボケだけを撮ってみると、本当に違う

昨日までオールドレンズをスルーしてたのに、今夜はネットで中古を物色してるボクでした(笑)

食わず嫌いはダメだね〜

カメラのストラップ選び

一眼レフカメラのストラップは、カメラ本体左右上側にストラップを付ける箇所があって、そこにストラップをつけて首からぶら下げるのが一般的だけど、昔から首からぶら下げるっていうのがどうしても嫌でハンドストラップを使ってた。

006

個人的にこれはもの凄く使いやすいんだけど、片手がどうしてもふさがっちゃうのと、夏場とか暑い時には手の甲にもの凄く汗をかく

そこで、なにかいいストラップはないかと探した三脚穴に金具を付けてたすき掛けで使うストラップを発見。

61FN7sTGJrL._SL1280_

アマゾンで2000円以下だったんで、ダメモトで買ってみたんだけど、こいつがもの凄く使いやすい♫

ただ安いだけあってカメラとストラップを固定する金具部分がもの凄く安っぽい

もう少し見栄えも良くて便利なものはないかと探した結果、C-Loopっていうものを発見した。

61BAWn65+pL._SL1280_

こいつは三脚穴に固定する、ストラップホールが付いてるだけのパーツなんだけど、なぜか4000円オーバーの高級品!

(上の写真のストラップを2つ買ってもまだ足りない!)

しかもこいつを使うとなると別途ストラップも必要になる。

一般的によく組み合わせられるのがNinjaストラップっていうものらしいんだけど、ひねくれ者のボク的には人と同じじゃつまらないってことで、Ninjaストラップに代わる何かいいものはないかと再び探し始めた結果、Ninjaストラップのライセンス生産モノっていう製品を発見。

基本Ninjaストラップと同じなんだけど、このブランド独自のタグがついてる。

ぱっと見普通のNinjaストラップだけど何かが違う、こういうのがいいんだよね〜

file:///Users/charlie/Downloads/www.fredrikpackers-store.com.html

何色か出てるんだけど、何色にしよう?

やっぱり紫かなぁ〜(笑)