カテゴリー別アーカイブ: Music

ネットワークオーディオにおけるNASによる音の違いを聞き比べ

ネットワークオーディオを簡単に説明すると、ネットワークオーディオプレイヤーがネットワーク上にあるHDDの中の音楽データを参照して音楽を再生させるオーディオシステムってことになる。

利点はネットワーク上のHDD(NAS)に音楽データを溜め込むことによってCDをプレーヤーにセットするって操作が不要になり沢山の楽曲データを一元管理できるってことなのかな?

それとCD以上のクオリティ、いわゆるハイレゾ音源も扱える(どの程度のハイレゾまで扱えるかはプレーヤーに依存する)ことが大きなメリットなんだと思う。

ご存知の通りHDDはデータを保管しておくデバイス。
普通HDDはUSBで機器と接続するんだけど、ネットワーク内にLANで接続するHDDをネットワークHDD(NAS)という。
その保存するデバイス(NAS)によって再生される音質に違いが出るっていうことで、NASによる音質の違い聴き比べ会があった。

NASにはデータをやり取りするためのLAN端子があるだけでオーディオ出力系は一切なく、ネットワークオーディオプレーヤーとLANケーブルで繋がって楽曲情報をプレーヤーに渡してるだけ。
あくまでプレーヤーで再生しアンプからスピーカーへと信号が流れる。

昔のアナログ時代のようにカセットテープの種類によって記録されているアナログ信号の音質が違うっていうのとは違って、デジタルデータをデジタル信号でプレーヤーに渡してるだけだから器であるNASによって音が違うって言われてもピンとこなかったし。

まして僕よりも先に聴き比べしてきた人たちからは「確かに違う」という話はあっても、どこがどう違うっていう具体的な話が全く聞こえてこないんで、なおさら信用してなかった。

というわけで実際に自分の耳で聴ける機会が来たんで疑心半疑で参加してきた。
会場的には物置のような場所で比較には全く不向きなんだけど、逆にこの環境でも違いがわかるならそれはそれで非常に興味深い。
ネットワークオーディオプレーヤー、アンプ、スピーカー共にミドルレンジの機材で、普通の人がネットワークオーディオを始めるならこの程度までだよねって感じの機材。

まずはCDレベルの16bit/44.1KHzとハイレゾ(具体的なbitレート/サンプリングレートの情報なし)の比較からスタート。

ハイレゾ初体験だったけど、これは確かに違うよね。

いよいよNASによる音の違い聴き比べ。
NASは全部で3機種。
そのうち1機種をメインとして、A:B、A:Cっていう比較。
価格帯的にはA=B、A>>>>>Cという感じ。

最初にA:B、そしてA:Cの順。
操作は担当者の手元のスマホから行われているので全くのブラインドテスト状態。

結果はA,B,C共に違いが聞き分けられるほどの差があった。

一番安価なCは1枚薄い膜がかかったようで、しかも変なハイパスフィルターを通してるイメージ。
対してAとBはほんのわずかな違いで好みの差だろうな程度。
実際に音を聞く前はハイの抜けがポイントなのかなって想像してたんだけど、3機種共に低い音に違いが出ていたのが意外だった。

この3機種の差は一体何なのか聞いたところ、搭載してるHDDそのものよりは電源回路の違いが一番大きいとのこと。
もちろん電源が音に及ぼす影響が小さくないことは理解してるけど、今回その差を実際に体験した後でもデータ保存デバイスの電源によって音が違うっていうことが頭の中で整理がつかない。
でも確かにローに影響があるってことは電源の問題なんだよね。

後日もう1回比較させて貰う約束をして今回の視聴会は終わったんだけど、次回は自分の普段聴いてる音と比較したいなと思ってる。

新しいおもちゃがやってきた!

今年の春からロックバーでライブがあるときだけPAをやってる。
今まではRoland M-200iっていうデジタルコンソールを使ってたんだけど、今回YAMAHA TF3っていう6月に出たばかりの新しいコンソールに入れ替えることになった。

いつ入れ替えるのか具体的な日にちは何も聞いてなかったんだけど、突然マスターから電話がかかってきて「卓届いちゃった…」ってことで、早速触りに行ってきた。

これが今まで使ってきたRoland M-200i。
IMG_3623
手伝い始めて日も浅いし、実際に自分でオペレートしたのはせいぜい5〜6回程度かな?
この卓はiPadで操作することが前提で、卓本体はフェーダー以外触らなかった。

こっちが今回新しく導入したYAMAHA TF3
IMG_3628

速攻でRoland M-200iと入れ替えたいところだけど、M-200iで来週末のライブのリハやってセッティング作っちゃってるし、もうリハできないから、そのライブが終わったら入れ替えかな?

とりあえず今回はiPhoneつないで音を出して、エフェクターのセンド方法の確認や内臓エフェクターの音チェックで終了。
ほんの1時間程度触った感想は、M-200iに比べて操作系がわかりやすいってことと、エフェクターの使い方が簡単で音も素直ってところかな?
M-200iがiPadでの操作が前提だったのに対して、当たり前のことだけど卓本体だけで操作が完結するところがいい。
iPadで操作するのは嫌いじゃないんだけど、卓を操作してる感が全くなくて寂しかった(笑)

TF3が唯一M-200iに劣ってる点があるとすれば、チャンネルのアサインができないことかな?
簡単なパッチベイ作ってくれるってことらしいんで、そこはアナログ的に対処することでよしとしよう(笑)

MUSICってどうなの?

昨日から始まったストリーミング音楽サービスの本命Apple Music。
iPhone/iPadはiOS8.4、MacはMac OS X 10.10.4にそれぞれアップデートすることで利用できるようになる。
最初の3ヶ月間は無料のお試し期間ってことで早速利用してみた。
IMG_0012

手持ちの楽曲データがiCloudにアップされるみたいなんだけど、僕の場合既にiTunes Matchを利用してて全てiCloudに上がってることもあって、登録後すぐに使えるようになった。
もしかするとiTunes Matchを契約してなくてもすぐに使えるのかもしれないけど、そこは不明。

まずは好きな音楽ジャンルの選択から始まる。
IMG_0013

以外と大雑把なジャンルわけ。
僕の一番よく聴くHR/HM項目はないのでとりあえずロックを選択。

次に好きなアーティストを選択するんだけど、出てくるアーティストが少なすぎて全くダメダメ。
正直なところ選びようがないので、適当に選択。

IMG_0015

以上で設定完了。

MUSICを起動するとこんな感じ。
IMG_0014

「For You」っていうタブには「ロック名曲:1989」とか「〜が影響を受けたサウンド」なんていうプレイリストが複数作られてるし、アーティストごとに「隠れた名曲〜」とか「はじめての〜」っていうプレイリストも作られてる。

最初は単純にiCloudのデータでプレイリストが勝手に作られたのかってもうほど手持ちのデータとの差がわからなかったけど、プレイリストを聴いてみると確かに持ってない曲もある。

プレイリストのタイトルのつけ方は置いといて、BGM的に流しっぱなしにするにはちょうどいい。
思ってたより使う機会はありそうだけど、ストリーミングゆえにiPhoneで通勤時に聴くにはデータ通信量制限が怖くて使えない。
ダウンロードしておいて聴くこともできるんだけど、いちいち面倒でこれは現実的じゃない気がする。
結局このサービスは家やカフェのWi-Fi環境があるところでしか使えないと思う。

基本的にアルバム単位で音楽を聴く僕的には、あんまり恩恵がないのかな?
お試し期間の3ヶ月間使ってみて考えることにします(笑)

PA機材入れ替え?

いつも遊びに行くロックバーはたまにライブもやってて、今年の春に移転を機にステージを大きくしたこともあって手伝いでPAをすることになった。

 

今はRolandのM-200iっていうコンソールを使ってる。

roland_m200i

この卓はiPadで操作することが前提で、本体には申し訳程度の小さな液晶しかついてない。

つまり何をするにもiPadがないとまともに操作できない。

で、iPadのAppはこんな感じで、レイアウトも操作系も意外とアナログの卓に近い感じでまとまってる印象。
IMG_1850
昔いた会社にあった巨大なアナログ卓に比べると本当におもちゃみたいなんだけど、すべての操作がiPadだけで完結するっていうのは雰囲気的に嫌いじゃない。

ただこれに限ったことじゃないけど、App上のつまみってなんでこんなに操作しにくいんだろう?

スイッチ類は何も問題ないのに、摘みだけは本当に操作しにくい。

 

音的には…どうなんだろう?

ちょっと固い?

ハイが伸びない?

ヘッドルームが狭い?

的な感じはあるけど、箱の音響的な問題もあるから卓だけの問題とも思えない(笑)

 

 

で、昨日たまたま飲みに行ったら突然卓変えるかもって話になった。

M-200iを数ヶ月使ってきてようやく使い方にも慣れてきたところなのになんで???って思ったんだけど、交換候補の卓を扱ってる楽器屋の社長がたまたま飲みに来て一緒にパンフレット見たり話をしてるうちに、肝心のマスターそっちのけで妙に盛り上がっちゃった。

 

で、その候補の卓とは、YAMAHA TF Series

Yamaha-TF5

 

これもM-200i同様iPadで操作ができるんだけど、M-200iみたいにiPadがないと操作できないってことはなく、卓に割りと大きめの液量が付いててそこで操作が可能。

しかもこの液晶はタッチパネルで、マルチタッチにも対応してる。

今の時代マルチタッチモニタなんて珍しくもないけど、卓の液晶がマルチタッチ操作対応って妙にハイテクな気がした(笑)

 

iPad Appはこんな感じ。

IMG_1851

Appに関しては、UIとかRolandの方が好みかな〜。

 

社長いわく、M-200iと比べてヘッドルームも広いし粗さがないって事らしい。

ただチャンネルのアサインができないとか今より不便になることもあるらしいので、ボクからのリクエストとしてパッチベイをおねだりしておいた(笑)

 

TF Seriesで特に気に入ったことがある。

それはiPhone用AppでCueBox App「MonitorMix」があること!

 

ライブだとステージ上のモニタに各パートの音を返す必要がある。

レコーディングだと演奏者の脇にCueBoxっていうフェーダーのついてる箱があって、各自が自分の聴きたい各楽器のバランスを調整するのに対して、ライブの場合各演奏者の希望をPA側で調整してあげなきゃいけない。

出音も作らなきゃいけない(こっちがメイン)し、中音のバランスもとらなきゃいけないのは、正直ものすごく面倒で、前からCueBox的なものを置けると楽なんよね〜って話してたところだった。

 

現状PAをするのは多くても週に1回、少ない時は月に1回程度しかない。

PAはあくまで手伝いで本業じゃないから、多少慣れてきても1ヶ月も空いちゃえばすぐにAppの操作方法使い方忘れちゃう(笑)

 

もし本当に卓を入れ替えたら、使い方忘れないためにも飲みながらでも触ってられるよう卓の前で飲むことにしよう(笑)

iPadで音楽をつくろう

今日無料になってたんでダウンロードしたApp、IK MultimediaのAmpliTube

こいつは何をするものかって言うと、ギターやベースのアンプとエフェクターのシュミレーター

IMG_1825

iPhoneやiPadにデバイスにオーディオインターフェイスを付けて楽器を接続すれば、iPhoneやiPadがアンプ&エフェクターになるっていうアプリ

ボクはオーディオインターフェイスをまだ持ってないんで普通に考えれば使い道がないんだけど、アプリを組み合わせることによっておもしろいことができる

まず用意するものはAudiobusっていうアプリ

IMG_1822

https://itunes.apple.com/jp/app/audiobus/id558513570?mt=8

これはInput、Effect、Outputにそれぞれアプリを指定することができる、いわゆるブリッジ的な役割のもの
手持ちのアプリがAudiobusに対応していれば、アプリがInput、Effect、Outputそれぞれどこに適したアプリかを判断してくれるんで、リストの中から選択するだけ

IMG_1823

例えばシンセアプリをInput、AmplitudeはEffect、CubasisはOutputというように選択することができる

IMG_1821

ここではボクの大好きなアプリ、GeoSynthを使ってる

IMG_1824

http://www.wizdommusic.com/products/geo_synthesizer.html

GeoSynthはDream Theaterのキーボディスト、ジョーダン・ルーデスが監修してるシンセアプリ
一見すると訳の分からないアプリだけど、弦楽器の各弦が並んでるだけ
例えば左下の「B」の行は7弦(Low B)、その上の「E」の行は6弦っていう感じで順番に上がっていく

これでGeoSynthで弾いた音にAmplitubeで色付けしてCubasisでレコーディングってことができるようになる

最近ライブのPAを手伝いで始めたんだけど、こいつを面白く使う方法がないか検討してみよう(笑)

IMG_2871

年末に片付けてあったレコード(ほとんどは処分しちゃったから残ってるのはほんの僅か)を何枚か飾ろうと、掘り出してきた。

そんな中の1枚、Iron Maiden のミニアルバム。

盤の外周に文字が印刷されて、中央にはエディの顔も描かれてていい雰囲気を醸し出してる♫

ただ残念なのはターンテーブルがないから聴くことができない…

怪しげなフロイドローズ

Dec14_LNU_FRTGT01000_WEB

もうまったく弾けないけど、ギター好きなんです(笑)

で、このフロイドローズ

何やら怪しげなケーブルが裏から生えてます。

よく見ると各弦のコマの部分に黒い横長の物体が付いてます。

もしかしてこれはピエゾピックアップ搭載のフロイドローズ?

最近レスポール系用のモデルも出してるし、30年ぐらい経ってようやく進化し始めたって感じ?(笑)