カテゴリー別アーカイブ: OS X

El CapitanになってからのSafariの便利機能発見!

以前El CapitanのSafariのタブに関する便利機能を紹介した。
ページピン機能と言って、いつも開いておくタブをアイコンだけの小さなタブにして左側に寄せておく機能。
スクリーンショット 2015-10-25 11.29.54
これはタブを整理するのにともて便利でお気に入り機能の1つなんだけど、さらにこの機能で便利な動作を発見!

タブ内からリンクで自動的に開いた新規タブ画面は、元のタブの右隣に新規タブとして開く。
通常であればこの新規で開いたタブを閉じるにはタブの左側にある「X」をクリック(もしくはcommand+w)でタブを消す作業を行う必要がある。

ところがページピンしたタブ内からリンクで自動的に開く新規タブは、(ページピンしたタブが複数あった場合)タブ群の右隣に作られる。
普通に考えれば新規で開いたタブだから当然「戻る」ことも「進む」こともできないからそれぞれのボタンはグレーアウトしてて使えないんだけど、よく見てみると「戻る」ボタンが有効になっていて「戻る」操作をすることによって新規に開かれたタブが閉じることができる。

僕はトラックパッドを使っててマルチジェスチャを有効にしてるんだけど、2本指で左から右にスワイプするだけでリンクから新規に開いたタブを閉じることができる。

これってショートカットキーで開いたタブを閉じるよりも早いし便利。

ただしリンクのリンクで開いた新規タブに対しては働かないし、「リンクを新規タブで開く」で開いたタブに対しても働かない。

広告

El Capitanのライブ入力テスト

この文章はEl Capitanのライブ変換を使って書いています。

漢字変換のためにスペースキーは一切使っていません。

誤変換もそのままで書いてますので、ライブ入力の変換精度がよくわかるんじゃないかと思います。

ライブ入力と比較すると擦ればヨセミテまであった句読点変換になるけど、使ってみると全く別物だってわかる。

句読点変換は句読点で変換するから、入力しててもどのタイミングで句読点を打つのか結構意識しちゃってスムーズに入力できなかったんだけど、ライブ入力は変換が確定されるポイントさえ意識することなく入力できる。

それでいてかなりの正解率。

この正解率は想像以上の出来。

まさに日本語入力の革命なんじゃないかって思う(大げさ?w)

El Capitanは別パーティションに新規でインストールしてるし、入れたばかりでユーザー辞書には何も登録されてない状態。

ユーザー辞書に単語登録した時にその国をどう解釈してくれるのかも興味深い。

この点は後で単語登録して試してみようと思う。

ここまで打ってみて感じる不満点。

ライブ入力だけの問題じゃないけど、英単語混じりの文を書こうと思うとやっぱり面倒。

単語登録するのはきりがないし、途中で入力言語を英語に切り替えるのも面倒だし、どうやったらスムーズに英単語混じりの文章が打てるのかな?

何て思いつつここまで一気に書いてみたけど、意外と誤変換が少ないいんじゃないかな

これってもしかして使い始めにこまめに誤変換を修正しながら入力してれば、その習性を学習してくれるのかな?

とりあえず想像以上のライブ入力の出来に大満足で、パブリックベータを入れてみてよかったともう今日この頃でした。

El Capitanの日本語入力

僕的にはかなりの衝撃映像

今までの日本語入力に大変革が訪れる予感がする。

この動画の何が凄いのかというと、変換作業を行っていないこと。

普通日本語入力する時は「かな」入力しながらある程度のタイミングでスペースキーを打つことによって「かな漢字変換」っていう作業を行う。
これにより「かな」が「漢字」に変わる分けだけど、El Capitanの新しい日本語入力は「かな」を入力するそばからどんどん漢字に変換していってくれる。

つまり今まで必要だった「スペース」キーによる漢字への変換作業がいらなくなったわけ。

これは早く使ってみたいと思うんだけど、パブリックベータ版が使えるのが7月移行っていうことなんで、もうしばらくお預け状態。

でもこれに近い入力はYosemiteでもできるっ!

設定方法はいたって簡単。

「システム環境設定」→「キーボード」で「句読点で変換」にチェックを入れるだけ。
スクリーンショット 2015-06-17 20.37.52

この設定を行えば句読点を打つことで、スペースキーを叩かなくてもそこまでの文章を漢字変換してくれる。

El Capitanの日本語入力との一番大きな違いは、打ったそばからリアルタイムでインラインで変換してくれるかどうか。

もちろんこの差が大きいんだけど、「句読点で変換」に設定するだけでかなり近い感覚で日本語を入力することができる。

実際にこの設定で打ってみた感想は、スペースキーを打たずに入力し続けることの難しさ(笑)

ある程度の感覚でスペースキーを叩くことが体に染み付いてて、ついついスペースキーを叩いてしまう。
スペースキーを打つ必要がなくなることが利点のはずなのに、その利点を全く生かすことが出来ない不器用な自分。

とにかくEl Capitanが出るまでにスペースキーを使わない日本語入力を体に染み込ませなきゃね。