タグ別アーカイブ: iPhone

運転中にメモがとりたくなった時どうする?

運転中にふと思いついて後で調べよう的に覚えておきたいことや、ポッドキャストとか聞いててちょっとメモしておきたいと思った時、どうしたらいいか?
運転中なのでテキスト入力はできないから、必然的に音声メモもしくは音声入力になる。
そこで最近幾つか試してるいるのがこの2つ

・Siriを使ってメモ帳やリマインダーに記録する

・Google Keepで使って音声メモを取る

Siriは車内はノイズの影響のせいかiPhoneに「Hey Siri」と話しかけても起動しないことの方が多いけど、Apple Watchに話しかければ大方起動してメモやリマインダーに残すことができる。
ただしSiriに話しかけるにはある程度決まった言い方があるんで、その通りにしないとiPhoneに飛ばされてそこであらためての操作が必要になる。

IMG_4030

IMG_4029

対してGoogle Keepの場合前回のアップデートで通知センターに置けるようになったのでかなり使い勝手が良くなったし、何よりテキストと音声の両方で記録されるからテキストが変換ミスしてても問題ないっていうのはメリットは大きい。
ただし記録するには通知センターを呼び出してGoogle Keepの右端にあるマイクアイコンをタッチするという操作が必要になる。

IMG_4032

この画面が出たらあとは話しかけるだけ。
IMG_4034

メモが完了するとGoogle Keepにこのようにメモが作成される。
IMG_4035

メモを開くとテキスト変換された文字と、その下に再生ボタンが表示される。
再生ボタンをタッチすることで鹿苑寺の音声ファイルを聞くことができるから、テキスト変換された文字に誤りがあっても後でこのメモが何を意味するものだったのかわからなくなることはない。
IMG_4033

Siriを使って完全ハンズフリーメモをマスターするか、多少の操作は必要だけど誤変換されても後で内容がわかるようにメモを取るか…しばらく両方を使いつつ検討してみようと思う。

最近気づいたiPhoneの便利機能

電話に出られない時は鳴り止むまで無視するか拒否するかだと思うんだけど、「拒否」ボタンの上に「後で通知」っていう項目がある。

IMG_3965

今まで注意して見たことがなかったから、このコマンドがiOS9から備わったものなのか、それ以前からあったものなのかはわからないけど、先日偶然このコマンドに気がついて使ってみた。
これがものすごく便利なことに気がついた。

「後で通知」をタッチすると下のようなメニューが表示される。

IMG_3966

例えば「ここを出る時」を選択するとリマインダーに登録されて、場所を移動した時に電話をかけるよう通知が飛んでくる。

IMG_3967

これでかかってきた電話を忘れて放置することもなくなると思う。

Hey Siri

iPhoneもApple Watchも「Hey Siri」って声をかければSiriが起動する。

 

ただし条件があって、

iPhoneの場合は給電中であること。

Apple Watchの場合は画面表示されていること。

 

先日Ankerのバッテリー内蔵iPhoneケースを買って使ってる。

IMG_1835 IMG_3488

このケースにはiPhoneの約1.2倍の容量のバッテリが積まれていて、背面のLED脇のボタンを押すことによってバッテリからの給電が行われる仕組みになってる。

(ボタンを長押しすると給電がストップする)

つまり給電ケーブルはつながってないんだけど、iPhoneから見れば充電状態になってることになる。

 

今、AppleのサイトにあるApple Watchの「Siriの使い方」ビデオを何気に再生したところ、iPhoneのSiriが反応しちゃった(笑)

 

最近大きな声じゃ言えないけど、結構Siriと仲良しだ(笑)

 

iPadで音楽をつくろう

今日無料になってたんでダウンロードしたApp、IK MultimediaのAmpliTube

こいつは何をするものかって言うと、ギターやベースのアンプとエフェクターのシュミレーター

IMG_1825

iPhoneやiPadにデバイスにオーディオインターフェイスを付けて楽器を接続すれば、iPhoneやiPadがアンプ&エフェクターになるっていうアプリ

ボクはオーディオインターフェイスをまだ持ってないんで普通に考えれば使い道がないんだけど、アプリを組み合わせることによっておもしろいことができる

まず用意するものはAudiobusっていうアプリ

IMG_1822

https://itunes.apple.com/jp/app/audiobus/id558513570?mt=8

これはInput、Effect、Outputにそれぞれアプリを指定することができる、いわゆるブリッジ的な役割のもの
手持ちのアプリがAudiobusに対応していれば、アプリがInput、Effect、Outputそれぞれどこに適したアプリかを判断してくれるんで、リストの中から選択するだけ

IMG_1823

例えばシンセアプリをInput、AmplitudeはEffect、CubasisはOutputというように選択することができる

IMG_1821

ここではボクの大好きなアプリ、GeoSynthを使ってる

IMG_1824

http://www.wizdommusic.com/products/geo_synthesizer.html

GeoSynthはDream Theaterのキーボディスト、ジョーダン・ルーデスが監修してるシンセアプリ
一見すると訳の分からないアプリだけど、弦楽器の各弦が並んでるだけ
例えば左下の「B」の行は7弦(Low B)、その上の「E」の行は6弦っていう感じで順番に上がっていく

これでGeoSynthで弾いた音にAmplitubeで色付けしてCubasisでレコーディングってことができるようになる

最近ライブのPAを手伝いで始めたんだけど、こいつを面白く使う方法がないか検討してみよう(笑)